険しい道もスイスイ行ける|消耗品であるタイヤは定期的に交換

移動が楽しくなる 快適なカーライフ

自分で行なうリスク

タイヤ

劣化したタイヤは自分で交換できると多くの人は考えますが、タイヤのネジを締める際には絶妙な力加減が必要となるため、素人が行なうと危険です。タイヤ交換をプロに依頼することで、安全に走行できるでしょう。

もっと知ろう

持ち込みは断られやすい

男の人

タイヤ交換を依頼する場合、持ち込みのタイヤは取付をしている最中で破損することもあるため、取付を断る店は多くあります。値段の安いタイヤは劣化も早いので、新品のタイヤに交換したほうが結果として安上がりとなります。

もっと知ろう

長期使用による劣化

婦人

安全にドライブをするために重要な車のパーツといえば、タイヤが挙げられます。ゴムタイヤは道路との摩擦抵抗が強いので、カーブでもスリップせずに安全に曲がることができるのです。しかし、このタイヤは長く使用し続けていると表面が削れてしまい、徐々に摩擦抵抗が下がってしまうことがあります。タイヤの劣化を図る指標として、タイヤ表面の溝に百円玉をあてがう方法が挙げられます。溝の中に百円玉を当て、1の部分が隠れなければ、タイヤの摩耗によって溝が浅くなっていると判断できます。溝が浅いタイヤは、雨降りなどの道で簡単に滑ってしまうため、使い続けることは非常に危険といえます。タイヤの劣化が見られた時は、タイヤなどの車のパーツを販売している会社で新品の製品と交換しましょう。また、険しい道もスイスイ行けるようになるのです。

タイヤは保管している状態でも、経年によって徐々に劣化します。倉庫やガレージに置きっぱなしにしているタイヤは、外気温の差によって収縮と膨張を繰り返します。その作用がゴムに負荷を与え、長く使用しているタイヤは側面にヒビ割れなどが発生するようになるのです。ヒビが入っているタイヤは、新品のものよりも硬質化しているので、道路との摩擦抵抗が低くなっています。保管しているタイヤの溝が削れていないからといって、安心することはできません。タイヤの交換をする際には、表面の摩耗やヒビには注意しましょう。タイヤを扱う会社では、現在車に使用しているタイヤの劣化具合を調べてくれます。所有者本人がわからないような僅かな劣化にも気づくので、重大な事故のリスクを事前に知ることができます。

取付や保管も行なう

雪とタイヤ

冬のスリップや滑走などの問題に対処できるタイヤといえば、スタッドレスタイヤが挙げられます。専門店で購入することで、取付を行なってもらえるほか、便利な保管サービスを利用できるようになります。

もっと知ろう